Out of the box

元気になるための常識、はたしてそのやり方は正しいのでしょうか。人間の自然治癒力はすごいです。

切り傷を揉んだり押したりして治りますか?身体の再生能力を最大限に高める事それが私の仕事です。今まで経験させて頂いた多くの人の症状や改善例、手法を公開していきます。これが誰かの役にたてのるのなら。  

妊娠7週間:身体のだるさ、つわり:30代:女性

先日さっそく「妊婦さんケア」を受けていただけました。

つわりが始まり、寝不足気味で疲労がたまりだしてました。

「つわり」は病気じゃないから・・・良く聞くお言葉ですね。

確かに病気ではありません。しかし、辛い症状という現実があります。あまりに酷くて何も摂取できない場合は点滴をうつなどの対処をしなければいけません。

当院の妊婦さんケアでは、腰痛、むくみのほかにも、つわり軽減も見込めます。

もともと東洋医学では、つわりを血液中毒症として捉えます。

すると、どこに異常がきているのか。腎ですね。

勘違いしてはいけないのが、腎臓が悪いわけではないことです。ですから、治そうとするのではなく、体内循環を促そうとしてあげることで、かなり軽減できます。

楽な姿勢(ゼロキロマット使用)で肉体的疲労をとりのぞき、経絡を使ってやさしい刺激を送り込みます。

疲労がなくなり、むかつきが減ると、気分もよくなります。

ここに自分でできる緩和法として、ツボを記載しますね。

手の親指と人差し指で「L」を作ったら、手の甲の90度あたりに、「合谷」というツボがあります。手の甲に反対の手の親指を当てて、掌側を人差し指で挟むかたちにします。

強く挟む必要はなく、離れない程度挟んだら、挟んでいる手を上下にブラブラふります。

挟んでる指が離れないようにしてください。

ブラブラふりながら深呼吸を2~3回ほど行うと、少し落ち着きますよ。

BR神田均整院予約制

【別枠で開きます】お問い合わせフォーム
【別枠で開きます】ご予約フォーム

〇営業日 火曜日~土曜日
〇営業時間 10:00~19:00〈土曜日17時)
〇住所 千代田区内神田2-14-13 髙芳ビル4階
〇電話 03-6206-8106
ホームページ◆BR神田均整院◆

タグ: つわり, 妊娠, 妊婦

2014年4月23日 06:25 PM |  Posted by BR神田均整院 | カテゴリ 症例・症状

コメントする

Image Gallery

brlogo.jpg アンケート010.jpg アンケート009.jpg アンケート008.jpg アンケート003.jpg アンケート007.jpg

おすすめ

少し疲れたなぁと感じたら、当院の看板娘!こうめさんの日記があります。少しの時間癒されてください。
コウメさんのぼやき

いろんな話を噛み砕いて記載しています。
院長ブログ

Contact

BR神田均整院

お問い合わせフォーム

火曜日~金曜日 10:00~19:00
土曜日       10:00~17:00

03-6206-8106

〒101-0047 東京都千代田区内神田2-14-13 髙芳ビル4階